保険の正しい情報を伝え、日々の生活や人生を笑顔で生きていける安心を考える
株式会社アクティブ保険設計
HOME
アクティブ保険設計の姿勢
家計改善
ライフイベントと保険
会社案内
お問い合わせ

お問い合わせ先

お気軽にご相談下さい

募集代理店

株式会社

アクティブ保険設計

〒930-0853 富山市永楽町27-16

〈電話番号〉

076-411-8118

〈FAX番号〉

076-431-3556

【主な営業地域】  〈富山県〉

富山市/滑川市/魚津市/黒部市/
高岡市/氷見市/砺波市/南砺市/
小矢部市/射水市/
下新川郡(朝日町・入善町)/
中新川郡(上市町・立山町・舟橋村)


募資 19-T00595
          2019年5月作成

学資保険
   学資の準備は、できるだけ早く目標額を決めて始めることが重要です!教育資金は、子供が生まれた時点で、資金が必要になる時期がある程度確定します。子供の進路によっては必要資金が大きく影響しますので、私立・公立、県外・県内、習い事などおおよその教育プランを考えて予算化し、早めに準備をスタートさせることが大切です。教育資金の確保には「教育ローン」や「奨学金」などもありますが、資金が必要になってからより、子供が小さなうちから少しずつ積み立てておけば安心です。
   保険を活用した学資の積立は、積立機能の他に、保険が付くのが最大のポイントです。
   また、子供の病気・ケガに対する保障の他に、子供が他人にケガをさせたり物を壊したりした場合の補償も大切です。
   自分に万一のことがあった場合でも、子供の夢が実現できるような保障を設計しましょう。
学資保険画像

お子さまがお生まれになった方へ

   子供が生まれると、その子にどんな風に育ってほしいか、どのような教育・スポーツ・習い事を受けさせたいかなど、大きく夢が広がります。
   それを実現するには、金銭的な問題を抜きには考えられません。特に教育に関しては、資金が必要になる時期がある程度確定しますし、子どもの進路選択によっては必要資金も大きく影響します(下図参照)ので、教育資金の準備は、できるだけ早く始めることが望ましいです。 イメージ

(公財)生命保険文化センター「平成22年度 生活保障に関する調査」出典

(1)教育資金の準備

教育資金を準備する手段としては、主に以下のものが挙げられます。

  • 国の教育ローン
  • 奨学金
  • 保険の活用
  • 預金や投資信託

【保険を活用する学資積立の考え方】

一般的に、小学校~高校は月々の生活費の中でやりくりされることが多く、学資積立は、「高校卒業後にかかる、大学や専門学校への進学費用のため」と考える方が多いようです。
下記の3点がポイントになります。

  1. いつまで、いくら貯めるのか?(目標額の設定)
  2. 総支払い保険料は基準祝金等の返戻金よりも多いか少ないか?
  3. 被保険者は誰にするか?

また、出産時や出産後に受け取れる「出産育児一時金」や「児童手当」などの、国や市町村からの給付金を考慮してもよいでしょう。

(2)パパ・ママの保障の見直し

ご両親に万一のことがあった場合でも、子供が一人前に成長するまで保障が受けられるようにしておきましょう。


一度、アクティブ保険設計のファイナンシャル・プランナーにお気軽にご相談ください。
→無料相談のお申し込みはこちら

→東京海上日動あんしん生命(こども保険)のホームページはこちら

【学資積立のポイント】

保険を利用する積立方法は、もっともオーソドックスは方法です。
早くから準備を始める場合には、特に効果が高いといえます。逆に、遅くに準備を始める場合は積立期間が十分に取れないため適切ではないこともあります。
「貯蓄重視型」と「保障重視型」があります。「貯蓄重視型」を選択される場合は、「保険料の合計払込額」と「合計受取額」とを比較してみることが必須です!「合計受取額」の方が少ないと「貯蓄重視」という目的に合っていません!