保険の正しい情報を伝え、日々の生活や人生を笑顔で生きていける安心を考える
株式会社アクティブ保険設計
HOME
アクティブ保険設計の姿勢
家計改善
ライフイベントと保険
会社案内
お問い合わせ

お問い合わせ先

お気軽にご相談下さい

募集代理店

株式会社

アクティブ保険設計

〒930-0853 富山市永楽町27-16

〈電話番号〉

076-411-8118

〈FAX番号〉

076-431-3556

【主な営業地域】  〈富山県〉

富山市/滑川市/魚津市/黒部市/
高岡市/氷見市/砺波市/南砺市/
小矢部市/射水市/
下新川郡(朝日町・入善町)/
中新川郡(上市町・立山町・舟橋村)


募資 19-T00595
          2019年5月作成

ライフイベントと保険
   ライフイベントとは、人生における大きな出来事のことです。その出来事が起きるときは、あなたの「責任」が大きく変化するときでもあります。
   あなたの果たすべき「責任」には、どのようなリスクや不安があるのか一緒に考え、どう備えればよいか、アクティブ保険設計があなたにふさわしいプランをご提案いたします。

ライフプランの考え方

   私たちの人生にはいくつかの大きなライフイベントが存在しています。「就職」「結婚」「出産・教育」「マイホーム取得」「老後生活」などがそれです。いずれも相応の資金準備が必要となりますが、各イベントに対する取り組み方や優先順位などは個々によって異なりますし、また時代の変化によっても大きく変わってきているように感じます。
   ライフプランとは、このような人生において、「自分は将来こういう生活を送りたい」、「子どもにはこういう教育を受けさせたい」、「こういう家を建てたい」など、漠然とではあっても自分自身が思い描いている将来の夢や希望、目標のことを言います。ライフプランを少しでも早い段階でできるだけ明確にしておくことは、多様な選択肢の中から個人が主体的に選択することが重視される今日において、とても重要です。早ければ早いほど、明確であればあるほど、必要な資金が家計から流出するのを防ぎ、夢の実現が近づくからです。
   私たちアクティブ保険設計は、以上のようなことを踏まえて、みなさんのライフプランニングのお手伝いをさせていただいています。

ライフイベントと人生設計

   人生における大きな出来事「ライフイベント」は、大きな責任を感じる時でもあります。守りたいご家族やマイホームのために、保障や貯蓄計画を見直す必要があり、また、見直す良い機会です。
   特に考えたいのは、やはり人生の三大資金といわれる「住宅資金」「教育資金」「老後資金」と、万一のときの保障です。いつ、どういう見直しをすればよいかを、大まかにまとめました。
 基本的には個人それぞれですが、ご自分の人生において、教育資金と住宅ローン、老後への備えに余裕を持つには、前もって予測しておくことをおすすめします。 →無料相談へ

ライフイベント
ご就職

 ご就職

独身時代は、スポーツ、レジャー、旅行、車、買い物などの消費行動が主体となります。
人生の中でも、十分な貯蓄ができるチャンスでもありますが、「今を楽しく生きたい」ということから、大切なお金を浪費してしまいがちな時期でもあります。
結婚を希望する場合は、資金の準備(貯蓄)が大きなテーマです!
→(公財)生命保険文化センター「結婚に要する費用について知りたい」
車の購入

 車の購入

富山県は、マイカーが必需品であり、一人に一台というご家庭も多いものです。
通勤、買い物、レジャーにとって大変便利な道具ですが、毎日のように自動車事故は発生していることを考えれば、十分なリスク対策は不可欠です。
昨今、保険の自由化により様々な補償が登場してきており、複雑化しております。
ご結婚

 ご結婚

結婚後、子供ができるまでの共働き時期は、将来のライフプランに備えて、家庭の経済基盤を作る大切な時期でもあります。
この時期に、夢を実現するべく、しっかりとした生活設計と貯蓄計画を立てることが重要です。
具体的に、「子供は何人欲しい」、「何歳にマイホームを取得する」、「車は何年毎に買い替える」などのプランを立て、それにはいくら資金が必要でいつまでにどのように貯蓄をしていくかなどの計画を立てると、より夢に近づきます。
夢を実現するのに障害となるリスク(事故や病気など)を知り、保障設計と貯蓄のバランスを考えましょう!
子供の誕生

 子供の誕生(学資積立の必要性とパパママの保障の見直し)

家族のメンバーが増えて、社会的責任もますます大きくなります。
将来のライフイベントがある程度確定すると同時に、奥様の育児休暇や退職などによる世帯収入の変化により、今後の家計について本格的に考える時期でもあります。
子供が生まれた時点で必要資金がある程度確定しますが、教育プランによって必要資金に大きく違いが出てきます!教育プランにおける必要資金の目安を知り、いつ、いくら必要となるのか見当を付けておくことが重要です!
金額の目安(目標金額)がついたら、早めに計画的に準備をしていきましょう!
→(公財)生命保険文化センター「子どもの教育」
富山県の場合、小学~高校までは公立を選択されるのが一般的で、その間は月々の生活費でやりくりされている世帯が多いです。
高校卒業後の進路によっては大きな資金が必要になります。そういう意味では18歳までにいくらを目標として、どのように貯蓄をしていくのかがポイントです!
→(財)生命保険文化センター「大学生にかかる教育費や生活費はどのくらい?」
目標金額に実際の教育費が足りないときは、「奨学金制度」や「教育ローン」の活用も検討しましょう!
→(財)生命保険文化センター「奨学金制度について知りたい」
→(財)生命保険文化センター「教育ローンについて知りたい」
パパやママの保障設計の見直しも重要です!
親の生き死に関係なく子供の教育費は掛かりますし、マイホームや賃貸などの住居費も掛かることも一般的に多いです。
住宅の取得

 住宅の取得(火災保険の必要性とローン債務者の保障の見直し)

入念な借入れ計画、返済計画を立てることが重要です!
人生でもっとも高価な買い物といわれるマイホーム。高価なだけに多くの方が住宅ローンを利用します。ローンには多くの金利支払いが発生することを考えると「マイホームを買う」というより「住宅ローンを買う」と考えるべきでしょう。ローン破綻だけは絶対にしないよう、「いくら借りられるか」ではなく「いつまで、いくらなら返していけるか」を考えましょう!
アパートから戸建住宅やマンションを購入する場合の資金計画の注意点!
現在の家賃と住宅ローンとの差額はもちろんですが、光熱費の差額、メンテナンス費用、固定資産税など、アパートでは発生しないランニングコストも考慮した資金計画が重要です。
→(財)生命保険文化センター「住宅」
自分に合った住宅ローン選びが重要です!住宅ローンは種類も多く、自分に合ったものを選択するのは困難です。金融機関だけではなく、ファイナンシャルプランナー有資格者などの専門家にも相談してみましょう!
両親からの援助が可能であれば、贈与税の特例を活用しましょう!
住宅取得等資金の贈与税特例の非課税限度額(現行500万円)が平成22年度税制改正により1,500万円へと1,000万円分引き上げられました。
条件を満たせば、「相続時精算課税制度」により、2,500万円まで非課税になります。
住宅ローン減税を上手に活用しましょう。住宅ローン減税は、一定条件のもと住宅ローンを取得したとき、年末の借入残高に応じて所得税が減税される制度です。親ローンは対象外です。
→(財)生命保険文化センター「住宅ローン控除について知りたい」
ローン返済にはコツがあります! ① 余裕のある預金や一時収入がある場合は「繰上げ返済」を検討しましょう。
 繰上げ返済とは、予定の返済日より早い時期に繰り上げて返済してしまうことです。繰り上げ返済のメリットは、元金の一部を繰り上げ返済することで、以降の金利負担が減ることで総返済額が圧縮され、家計収支の改善に貢献します。
 「返済期間短縮型」と「返済額圧縮型」の2通りがありますが、総返済額の圧縮効果の意味では「返済期間短縮型」が有利です。
→金融広報中央委員会(知るぽると)「資金プランシミュレーション」
火災保険の補償内容は、しっかり確認しましょう!
夢のマイホーム、いわば生活の基盤となる大事な城です!火災や自然災害などのリスク対策をしっかり押さえ、ダブルローンにならないように気を付けましょう!
子供の独立

 子供の独立(老後の資金準備)

住宅ローンがある場合は、繰上げ返済も有効です。借入金を減らすことで、将来発生する金利をカットし、老後資金の目減りを防ぐ効果が期待できます。
退職後

 退職後

   長きに渡る就労期間もひと段落し、旅行・起業・ボランティア・海外移住・リフォームなど、今までできなかったことにチャレンジできる時期です。
   とは言っても、お金の問題抜きには夢が実現できません。老後の資金は生活費の他、安心して過ごせるように、医療費も見過ごせません。家計の現状分析と、家計支出の見直しが必要です。
   又は、お子様への資金援助時の贈与対策、後々の相続対策も重要なポイントです。